これが原因か!USBメモリーがスライドしなくなった

これが原因か!USBメモリーがスライドしなくなった

これが原因か!スライドしなくなったUSBメモリーを分解

シモテンです

今回は、【これが原因か!スライドしなくなったUSBメモリー】として、スライド式USBメモリーを分解して原因を究明する

usb

様々なデータを保存して、移動や持ち歩く事が出来るUSBメモリー

シモテンは画像や動画、ブログの下書きなどをUSBメモリーに一時保存している

自室のタワー型パソコンと、リビングのノートパソコンの間でデータをやり取りするのに使っている

自室では好きな音楽を聴きながら動画編集を中心に、リビングではテレビを見ながらダラダラと文章を打っている

スライドしなくなったUSBメモリー

いつも手軽に使っているのが「8GBのスライド式USBメモリー」だ

パソコンショップのお買い得商品だった

今となっては8GBなど容量としては少ないが、ちょっとした画像の移動には使える

USBメモリー横のツマミを押しながらスライドさせることで、USB本体がケースから出し入れ出来て接続部を保護できる

ところが、このUSBメモリーがスライドしなくなり本体が引っ込まなくなってしまった

ケースの中で、何かが引っ掛かっているようだ

メモリーを分解してみる

スライド’しないUSBメモリーを分解して原因を突き止めよう

その前に、万が一のことを考えてメモリー内の全てのデータをHDD等にコピー、又は移動しておく

メモリーケースは上下が組み合わせてある

上下の接合面には殆ど隙間はないが 、小さく薄いマイナスドライバーを無理やりねじ込んでみる

f:id:shimoten:20200514235843j:plain
usbメモリーケースを上下に分割

内部の構造が分からないまま、強引に力を加えて、こじ開けた

結果

ケースは開いたが、 噛み合わせ部分が折れた!

最初から構造が分かっていれば、この結合部分を内側に押しながらケースを分解していただろうが、まあ、仕方がない

これで内部構造を確認することが出来る

f:id:shimoten:20200515000231j:plain
強引に開けたら、折れました

スライドしない原因はこれだ!

ケース内に収まっているUSBメモリー本体には、白いパーツが覆いかぶさっている

このパーツが本体と一緒にスライドして、ケースから出し入れされるのだ

白いスライド部品を押しながら動かしてみると、この部品の端部がケースの噛み合わせ部分と接触して、スライドを妨げていることが分かった

f:id:shimoten:20200515000542j:plain
この部分が当たっている

「スライドしない原因は、これだったのか!」

何度もツマミを押しているうちに、部品の端部が外側に反ってケース内部の突出部に当たってしまう状態になってしまうのだ

修理の方法としては、この反り返った部分をドライヤーの熱などを加えながら接触しない位置ように内側へ曲げ戻す

f:id:shimoten:20200515000945j:plain
内側へ曲げ戻す

あまり曲げすぎると、今度はUSBメモリー本体を出した時に、固定されなくなってしまうので上手く調整しながら曲げていく

修理完了

スライド具合を確認して、ケースを元に戻していく

折れてしまった噛み合わせ部は、細くて修正するのが難しい為に、そのまま組み付けてしまう

ある程度の強度で閉じていて外れなければ、良しとしよう

あまりにも緩ければ、接着剤などで固定してしまえば良いだろう

簡単動画

原因はこれだ!【スライド式USBメモリーを分解修理する】

今日は、「おうちでマイナーDIY」完了!

「ブログ村」「ブログランキング」に参加中「ポチっ」と応援してください


DIYカテゴリの最新記事